離婚して成田のデリヘルで働く人妻や旦那に風俗で働いてるのがばれて離婚した人妻たちのその後や気持ちの持ち方など店員の視点であれこれ考えてみました

離婚して成田のデリヘルで働く人妻たち

人妻デリヘル嬢の悩み事

離婚したデリヘル嬢が子供の養育費を貰えない訳

投稿日:2015年11月17日 更新日:

離婚したデリヘル嬢が子供の養育費を貰えない訳子供がいて離婚した女性は養育費としての話は必ずと言っていい程にある話ですが、その女性が実質的に養育費を受け取れない場合が多々あるのです。

理由は養育費を支払う約束書には効力がないからです。

弁護士を雇って離婚の仲介を行って頂き養育費の約束を文面に記載していても、養育費が貰えないというのは、法的拘束力がないからです。

例えば、毎月三万円を書面で約束したとしましょう、仕事が上手くいかないなどの理由から今月は厳しいから支払えないといわれたとします、翌月も、また翌月もと・・・支払えない場合の罰則規定が法律にないのです。

元旦那の給与を差し止めしたければ、公正証書役場で離婚時に約束した文章の承認をしっかりして頂きましょう。

そこまでしなくてもと思うならば、養育費の支払いが滞ったら泣き寝入りをしても良いと判断したと思ってください。

給与差し止めが出来れば大丈夫だと安心してはいけません、例えば元旦那の給与が22万円だったとしましょう。

実はこれが大問題なんです。

一例で言えば、テレビなどのドラマで見る『差し押さえ』なのですが、生活に必要な鍋や衣類などは、人として最低限生きていくのに必要な物と判断されて、差し押さえは絶対できません。

この様に、給与が22万円前後だと給与の差し押さえができないのです。

最低基準の金額は細かいので別途調べて見て下さい。一つの基準として22万円前後と思えば大きくは外れません。

これが元旦那の親戚の会社なんかに勤めていたら、最悪なケースとなります。

合法的に給与の差し止めができないぎりぎりの金額しか給与所得がないとされてしまうからです。

逆に言えば、最低限度以上の余力分がある金額に対してのみ差し押さえが出来るという事です。

子供がいるのに離婚をするふがいない元旦那と結婚した為に、離婚した女性は金銭的に苦労します。

子供に貧乏で辛い思いをさせる位ならと、人妻デリヘルで働く女性が多くなってしまうのが現実なので、多少嫌なお客様が付いても前向きに次のお客様には笑顔でいられるのも子供の為ならと強い母親の気持ちから我慢してデリヘルで働くという事なのでしょうね。

-人妻デリヘル嬢の悩み事

Copyright© 離婚して成田のデリヘルで働く人妻たち , 2017 AllRights Reserved.